2014/9/11 第37回日本神経科学会シンポジウム Neuro 2014 symposium - Challenges of imaging functional architecture of large-scale network

2014/09/14 23:23 に Takuya Hayashi が投稿   [ 2015/03/03 15:38 に更新しました ]
定藤規弘先生(生理研)およびがオーガナイズし、第37回日本神経科学会シンポジウムS1-F-3 Neuro 2014 Symposium - Challenges of imaging functional architecture of large-scale networkを開催しました。

2014/9/11 17;00-19:00 第37回日本神経科学会シンポジウムS1-F-3 パシフィコ横浜F会場(302号室)

理研シンポジウム Daiwa-Anglo Foundation
脳広域ネットワークの機能構築イメージングにむけた挑戦
Challenges of imaging functional architecture of large-scale network

座長: 定藤 規弘  自然科学研究機構 生理学研究所 大脳皮質機能研究系
         林  拓也  理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター

演者およびタイトル Speakers and titles:
S1-F-3-1 MRIをもちいた可塑性と縮退のネットワークイメージング
林 拓也
理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター
S1-F-3-2 Cutting-edge diffusion-weighted imaging for non-invasive mapping of neurite morphology
Gary Hui Zhang
Department of Computer Science and Centre for Medical Image Computing, University College London, London, UK
S1-F-3-3 The relationship between intrinsic functional connectivity and structural connectivity: importance of large scale network interactions
Jill O'Reilly1,Paula L Croxson2,Mark G Baxter2
1Oxford Universityn UK, 2Ichan School of Medicine, Mount Sinai Medical School, New York, USA
S1-F-3-4 Large-scale neural connectivity for social cognition - a cross-species approach
Rogier Mars
University of Oxford, UK
S1-F-3-5 高解像度fMRIを用いたヒト視覚野の研究
程 康
理化学研究所脳科学総合研究センター


Comments