分子イメージングセミナー・万小紅先生

2014/03/16 4:40 に Takuya Hayashi が投稿   [ 2014/03/16 4:52 に更新しました ]
下記内容にてセミナーを行いました。

+++++++++++++++++++++++++
日 時: 2014年3月10日(月)13:30~14:30
Date&Time March 10 (Mon) 13:30~14:30

場 所: 理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター大会議室 (神戸MI R&Dセンター 2F)
神戸市中央区港島南町6-7-3
Venue Conference Room, RIKEN Center for Life Science Technologies
6-7-3 Minatojima-minamimachi, Chuo-ku, Kobe

URL http://www.clst.riken.jp/access.html

講 師 万 小紅 先生
 理化学研究所 脳科学総合研究センター
 研究員

Lecturer Xiaohong Wan, Ph.D.
Research Scientist,
RIKEN Brain Science Institute, Wako, Japan

タイトル ヒトの合理的判断と直観的判断
Title Human Rationality and Intuition
+++++++++++++++++++++++++

直観は、ひらめきと違って自分でも説明できない思い付き。プロ棋士は直観的に正しい戦略を選択できる。その脳処理が脳内深部にある背側線条体で処理されるというお話が中心(Wan et al Science 2011)。論理的思考は背側前頭前野。脳の中に意思決定の所要時間が表象される。Kuo et al Science 2009とも関連。依存症における依存物入手時間の問題とも類似しとても面白い。依存症は腹側線条体だが。